不眠症 食生活

不眠症と食生活の関係

現在、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めるという不眠症を発症している方はどのような食生活をしているのでしょうか。

不眠症を改善するには食生活を見直す、または改善する必要がある場合もあります。

ここでは、睡眠と食生活についてご紹介しようと思います。

食生活と睡眠も密接な関係にあります。

不眠症の原因のひとつに寝る前の飲食という物があります。

寝る前に飲食をする事と不眠症になる原因にはどういう関係があるのでしょうか。

身体は飲食をすると消化をしなければなりません。

ですので、睡眠に入る前に食事をしてしまうと身体が消化をするために活動状態になってしまいます。

これでは身体が睡眠に入る事ができなくなってしまいます。

このような理由で寝つきが悪くなるといった不眠症を引き起こしてしまうのです。

現在、睡眠に入る前に食事をしている方は注意が必要になります。

睡眠に必要な成分とは

そして、食生活と睡眠にもうひとつ大きな関係があります。それは、睡眠に必要な成分を食事から摂取する事です。

睡眠を取る際にも必要になる成分があります。セロトニンとメラトニンという成分です。

セロトニンというのは人間の精神的な部分に大きく関係し、精神状態を安定させる役割があります。

メラトニンというのは睡眠ホルモンとも言われており夕方から夜にかけて体内で多く分泌されるといいます。

睡眠を促してくれる成分がメラトニンになります。

この2つの成分は睡眠には欠かすことのできない成分とも言われており、不眠症を発症する方の多くがこのセロトニンとメラトニンが不足していると聞きます。

では、セロトニンとメラトニンはどのようにして摂取すればよいのでしょうか。

それはトリプトファンと言う成分を豊富に含んだ食材を食べる事です。

トリプトファンが豊富に含まれる食材は肉類や魚介類、豆類、乳製品などの食材です。

このトリプトファンを摂取する事でセロトニンが体内で生成される事になります。

そして、セロトニンがメラトニンを体内で生成してくれます。

このようにトリプトファン、セロトニン、メラトニンには密接な関係があるという事もしっかり認識しましょう。

また、不眠症を改善する場合にはこのセロトニン、メラトニンという成分が必要不可欠になるという事も覚えておきましょう。

不眠症・睡眠障害の対策・改善方法 メニュー

不眠症・睡眠障害の対策・改善方法 トップへ
睡眠環境を整えて不眠症対策をする
食生活を見直す事も不眠症改善に繋がる
睡眠前にやってはいけない事
不眠症改善サプリメントを利用する