不眠症 睡眠環境

睡眠を取る上で睡眠環境は重要

質の良い睡眠を取る上で重要な事は睡眠環境を整える事です。

睡眠環境というのは睡眠をする際の寝室の環境や周囲の環境の事、睡眠に入る前の生活環境などをいいます。

寝室の温度や湿度、照明、騒音なども質の良い睡眠を取る際には大きく関係してきます。

寝ている最中は部屋の照明は消し、カーテンも厚手の生地を利用するなどして外からの光を防ぐ対策も必要になってきます。

カーテンを厚手の生地にする事で騒音防止にも繋がります。

そして、睡眠に入る準備をしっかりする事も不眠症の対策や改善に繋がってきます。

現在、不眠症の症状を発症している方は睡眠に入る前の環境を思い出してみてください。

睡眠に入る直前までパソコンや携帯電話、テレビゲームなど明るい光を発するものを利用していませんか。

最近のテレビやパソコン、携帯電話の液晶はLEDライトが使われています。

この液晶画面に使用されているLEDライトにはブルーライトと呼ばれる光が多く含まれていると言います。

ブルーライトという光は太陽光にも含まれている光の強いものになります。

ブルーライトを浴びる事により脳と身体が太陽の光を浴びていると錯覚し脳と身体を活発にしてしまいます。

ですので、睡眠に入る前のパソコン、テレビゲーム、携帯電話の使用は極力避けるようにしたいですね。

質の良い睡眠を取るには脳をしっかりリラックスさせることが必要

寝つきを良くする、質の良い睡眠を取るには脳をしっかりリラックスさせることが必要になってきます。

ですので理想的な睡眠環境は、部屋を明かりは蛍光灯の明かりではなく間接照明などの淡い明かりにしてリラックスできる音楽を聴く事をおすすめします。

よリラックスしたい方はアロマテラピーや読書、ストレッチなどを行うといいでしょう。

こうした事で脳が睡眠に入る準備をしてくれて自然と眠気がやってきます。

また、寝ている最中もリラックスできる音楽やアロマの香りを吸引すると睡眠中にもリラックスする事ができ質の良い睡眠を取る事ができるといいます。

現在、寝つきが悪い方や不眠症の方には睡眠環境を見直してみる事をおすすめします。

不眠症・睡眠障害の対策・改善方法 メニュー

不眠症・睡眠障害の対策・改善方法 トップへ
睡眠環境を整えて不眠症対策をする
食生活を見直す事も不眠症改善に繋がる
睡眠前にやってはいけない事
不眠症改善サプリメントを利用する